トレーナーとして、研究者として、そして人として。
page top
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
夏の思い出
こんにちは。

私は夏休みもそこそこに、さっそく通常業務に追われています。。


さて、皆さんはどんな夏休みをお過ごしでしたか?

僕はあっちこっちに旅してきました。


撮りためた写真を頼りに紹介していきたいと思います。



まずは、8月頭に山梨は石和温泉
中央本線で特急使っても高尾から約1時間ほど。

IMG_0001.jpg


山梨学院大学の人工芝グランドもお借りしましたが、とにかく暑い!
WBGT的にはアウトな環境でした。

高校生の合同合宿でしたが、どのチームも思い思いの対策でした。
そんななか、塩をグランド脇に置いているチームがありました。

これどうなんでしょう?
僕はスポーツドリンクを用意するようにして、
塩は逆にのどが渇くので推奨していませんでしたが、結構すすめる方は多いみたいですね。

みなさんの熱中症対策を教えていただければと思います。


その後、陸上部の帯同で福島は裏磐梯へ
これは、東北新幹線だったかと思います。そのまま猪苗代まで

IMG_0002.jpg

IMG_0003.jpg

陸上競技が選ぶ環境ですので、気候はバッチリです。
これでそれなりの競技場やグランドがあれば、球技系の合宿地にもなるんじゃないかと思いますが、
それはなかなか難しいみたいですね。


IMG_0005.jpg

これは人が少ないタイミングで撮りましたが、実際はここが人で埋まります。
日本の夏によくニュースでも出るような海やプールの混み方をイメージしても間違いではないと思います。

箱根を控えた大学生も入ってきているので、テレビでよく見る子たちもいました。
陸上競技もできる子はウォーミングアップから動きが違うので、分かりやすいです。

IMG_0006.jpg


こちらはお世話になった宿です。ご飯もおいしく、天然温泉も素晴らしいです。
裏磐梯へお越しの際は、"ゆるり"さんをぜひどうぞ。

IMG_0004.jpg



さて気持ちを入れ替えて、ラグビーの帯同へ
競技も性別も真逆なので、切り替えは厄介ですね。。

IMG_0007.jpg

"聖地"菅平高原は高校時代を入れて7回目ぐらいになります。
良い意味で全く変わらないですね。

ここは『精神と時の部屋』です。
(と言って、高校生には意味を理解してもらえませんでしたが。。)

IMG_0012.jpg


今回はお盆を挟んで2チームについたので、今年は長かったです。
やはりこれだけのチームが集まるだけあって、合宿地としての環境整備も素晴らしいです。

高原内にある診療所(今年はたくさんお世話になりました。。)は
ドクターヘリを含めた緊急対応もマニュアル化されており、
麓への搬送先や連絡方法も記載されていました。

僕も今一度、見直していきたいと思います。



さてラストは北海道遠征です。
飛行機で新千歳に入り、その後クルマ移動で深川に入りました。

IMG_0009.jpg

宿舎は駅前でした。まさかの某有名ママさんランナーと同宿でした。
怪我の影響はありそうですが、この冬もきっと第一線で活躍されるでしょう。

私の母校の駅伝部も来てました。今年の箱根はどうなんでしょうか?

IMG_0011.jpg

綺麗なグランドです。
プールや体育館、芝生もあるのでもっと合宿地として有名になってもおかしくないのに。

グランド隣の体育館には女子バスケの日本代表も合宿はってました。
公開練習でアップを凝視するそろそろアラサーのおっさんは気味悪かったことでしょう。

IMG_0010.jpg


やっぱり同業者と一緒に仕事できると色々勉強になりますね。
それはまたどこかでまとめて。


こんな感じで8月は1週間も東京にいませんでした。
おかげさまでこの残暑に倒れそうです。滝汗です。




おしまい
スポンサーサイト
page top
型にはめない
ご無沙汰しております。

kumaです。


皆さん、夏休みはいかがお過ごしでしたか?

私は、東は北海道から西は愛知県と飛びまわっておりました。

その話は写真もあるんでまたの機会に。



この夏も色々な経験ができました。

合宿なんて特殊な環境で日々選手と接していると、驚かされることばかりです。



僕らは日々エビデンスに脅されているため、型にはめて考えがちです。

この怪我はこういう受傷機転、この動作パターンにはこのエクササイズというふうに。


でもそもそもスポーツ選手って、外れたパターンですよね。笑

知っているパターンから外れた時に、どう対処するのか。


相手を言いくるめて納得させることも大事だけど、

素直になって、お互い歩み寄る。そんなプロセスも大事ですね。



サッカーの日本代表監督だって、

日本のサッカーに合うかどうかを見極めようなんて肩肘張らないで

良いアイディアをもらっちゃおうくらいの感覚で良いんじゃないでしょうか?



自分の小さな小さな型に、人間を当てはめないように

よく見ている人の意見は、専門的でなくてもヒントがたくさん。





そういえば、

適応なら、なんでも低周波ってのも考えもんなんですね。

患部をいじりすぎて腫れている。指摘が鋭すぎて笑っちゃいました。


リスクとリターンを正しく理解。




おしまい
page top
セミナーのご案内
忙しさに負けてサボってました

kumaです。


このたび、セミナーをすることになりました。
会社も告知し始めたので、載せときます。僕も7月11日は講師役でいます。

L.S.F.A認定講習会【Basic Skills】

この仕事をしていくうえで、絶対に必要なスキル

『緊急時対応』



僕自身も日々現場で頭を悩ませている問題ですが、幸運にも学生時代素晴らしい先生に出会うことができ、それが今の僕の基礎となっています。

これは僕自身が学生時代に出会った緊急対応プログラムです。
考え方は非常にシンプル。(教える側としても。)

まずは分かりやすい方法で普及させること、胸骨圧迫に行く勇気をもたせること。



ぜひご参加ください。

詳細はホームページを見ていただいても、僕にメールくれても大丈夫です。

が、紹介割引はありません。あしからず。



おしまい
page top
学ぶことをやめたら教えることをやめなければいけない
ロジャ・ルメール(元フランス代表監督)の言葉でした。

こんにちは、kumaです。



いい言葉だなぁ?と思いつつ、すっかり誰の言葉か忘れていました。

先日監督さんから言われ、思い出すためにも調べました。


人に何かを伝える仕事をしている人間として、忘れてはいけませんね。




ついでにこちらも


限界には限界がありません。限界の定義は何だと思いますか。

限界は個々の選手の目標で、限界を超えれば次の限界が生まれるのです。




ははっ
明日もガンバリマス



おしまい
page top
パートタイム
こんばんは、kumaです。

結婚式後のもろもろも終わり、日常に戻ってまいりました。
まあ家の中はグッズだらけですが。。笑

先日無事に確定申告も終わり、新シーズンのスタートです。



今年の仕事も徐々に定まってきました。

僕はトレーナーとしてフル帯同する仕事を持たないので、パートタイムであっちこっちです。
世代は高校生から大学生や社会人まで、地域は横浜いったり所沢や栃木まで。

フルタイムの仕事の難しさは経験したことないので分かりませんが、パートタイムは独特のむずかしさがあります。


まず覚えきれない。笑
やっと顔と名前が一致したと思ったら新入生が入ってくるし、一人で怪我人さばいてたらいちいち評価をメモってる暇もなし。
せめて健患側を間違える癖は直さねば。。


その日に解決しなければ、次回会うのが3日~1週間それこそ1カ月も問題を抱えたままの選手もいます。
たとえベストでなくとも、その場でベターな解決策を提案する。すばやく。


監督・コーチとのコミュニケーションスキルも課題事項です。
毎日選手を見ている人たちと対等に話をするためには、その何倍も選手を観察しておかねば。。
逆にいえば、監督・コーチって実はすごい選手の様子を見ているし、トレーナーにとって助かることだらけです。ちゃんと選手を見てるコーチはね


ていうか週1回でトレーナーなんてできませんよね。
でもそんな中で、ただ基本的なこと・当たり前のことを指示するだけではなくて、今日トレーナーを呼んでよかったと思われるような何かをプレゼントしてあげたいですね。
日体協のテキスト程度のことなんて、その辺の指導者・選手は理論的ではないにしろ分かってますよ。

来年からは週2,3回来てもらおう!と言ってもらえるように。。



さあ明日は母校です。
ちょっと院生気分を思い出してきます。



おしまい
© Life is not easy, but life is not so bad. all rights reserved.
Page top
FC2 BLOG
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。