トレーナーとして、研究者として、そして人として。
page top
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
試合終了の笛は次戦のはじまり
こんにちは

録画したオランダ-ブラジルを見ながら、アルゼンチン-ドイツへの気持ちを高めています。
kumaです。


個人的にはオランダ-アルゼンチンが見たいです。
準決勝のスペイン-アルゼンチンなんて組み合わせも魅力的ですが。。



今日は帯同している大学チームのOB戦&納会でした。
先々週には高校チームも春の大会が終わり、社会人も春シーズンが一段落しました。

8月は合宿漬けになりますが、僕も少しだけ仕事が落ち着きます。


僕が関わっているチームは、今年はどこも困難への挑戦となっています。
新しいリーグへの挑戦、10年負け続けている相手への挑戦、チーム記録への挑戦。。

彼らは皆、少し高すぎる目標に向かって日々模索しているようです。
ただ、少し離れた位置で見ている僕としては、ややイメージ作りが下手なのかなと思います。


それは、『勝ちたい、勝てる、勝つんだ』
と、いったポジティブシンキングとは少し違うかなと感じています。
(もちろん、それも必要なことですが。)


以前ブログにも書いていた、本田圭祐と中田ヒデの対談で本田△も言っていた内容です。


"その1本目もし出してて、ロスタイムの時に1回目の場面で打つか打たないかというのは。
ボクはそういう風に考えてて。だから、カメルーン戦は1分目から勝負だなっていう。
どっちにしろきれいなサッカーは多分できないと思うんで。

理想はもちろん押し込んで、日本らしいサッカーをすることですけど、
ゴール前に行けるのは2回ぐらいかもしれない。そんな状況をイメージしたときに、
やっぱりペナルティエリア手前あたりで、どれだけ相手に脅威が与えられるか。"




すごく具体的で現実的。
何かを実現させるために必要なことはコレなんじゃないかと思います。

格上のチームを相手にして、十中八九負ける。
じゃあ残りの一、二というのはどんな状況なのか。
どうすればその状況になるのか。
そのために、自分は残された時間をどのように過ごせばいいのか。


根拠無く、何かを信じるように『勝つんだ』と考えることよりも
可能性が低いことを受け入れたうえで、自分の行動を具体的に定めていく。



僕の勝手な推測ですが、

カメルーン戦後に本田が言った『(自分は)もってるな』というコメントは、

自身がイメージしていた理想の形にあまりにも似ていて、
しかも自分のイメージ通りに決めてしまったことに対しての

そんな驚きも込めたコメントだったんじゃないかと。(妄想です)




よし、久しぶりに話がまとまった!(気がする。。)


おしまい
スポンサーサイト
page top
オシム
サッカー見てたら、ふと探したくなりました。

この人、監督続けてたらワールドカップはどうなっていたんだろう?


お気に入りを残しておきます。

サッカーに限らないところが好きです。




「サポーターの皆さんに分かってほしいのは、
サッカーというのは人生と同じであって、
必ずしも自分の思った方向に物事が動くとはかぎらない。
勝つこともあれば負けることもあるのだ。
勝ちだけを望むサポーターであってほしくない。 」



「どの選手に対しても、常に満足することはない。
なぜなら、満足してしまうと成長が止まってしまうからだ。」



「日本人は平均的な地位、中間に甘んじるきらいがある。
これは危険なメンタリティーだ。受け身過ぎる。
フットボールの世界ではもっと批判に強くならなければ。」



「限界には、限界はありません。
限界の定義は何だと思いますか。限界は個々の選手の目標で、
限界を超えれば、次の限界が生まれるのです。」




おしまい
page top
中田△
見てました。昨日のテレビ対談

中田英寿×本田圭佑



印象的だったのは

『試合で使える技術』
『一生懸命やるのは当たり前』
『リスクを負ってプレーしないことの方が怖い』


なんか最近自分が仕事の中で忘れていることばかりでした。
忙しいけど、ここ踏ん張りたいです。

ビッグマウスなんて言われてるけど、
こんなこと真顔で言える大人になりたいね。



おしまい
page top
ピンチの時ほど
更新滞ってますね。。

最近忙しすぎです。kumaです。




さて最近のサッカーを見て、ふと。

試合後のコメントがあまりに印象的でした。同じ日本代表内において。。



いつまでたっても人のせいにする選手、コンセプトを盾に言い訳する選手

逆に、ここにきて言葉少なに自分の役割のみを語る選手

(ちなみに僕はHONDA信者という前提です。笑)



これは僕自身、指導の現場でも意識して見ているポイントでした。


『逆境の時ほど、そいつの本性が出る。』


苦しい時、辛い時にいつもの力が出せるか、厳しい局面でいかにいつも通りの動きを見せるか

言い訳を口にするか、開き直ることができるのか。



日本代表は知りませんが、若い世代の選手であれば指導者側の問題だと思います。

練習で厳しい局面が設定されているのか。いかに試合に近づけられるか。


非日常をいかにオーバーワークとならないようにバランスよく配分する。

これも僕らの仕事なんでしょうね。




まあ発した言葉の重みを感じ取れないリーダーほど危険な存在はありませんが。

ちょっとあの“冗談”は監督としてあり得ませんね。



おしまい
page top
スクワット
こんばんは、kumaです。

今日はトレーニング指導をはしごしました。移動を含めれば1都3県にまたがりました。

でも痩せません。笑



今日は、いつもは試合帯同が多い高校生のトレーニングを見ていました。

試合の時はそれほど個人に着目して動きを見れませんが、個人スキルのトレーニングではタックルひとつとっても個性的です。


気になってたのは、踏み込む瞬間。


あんなにきれいにできているスクワットがいざ一歩踏み出した瞬間に崩れてしまう。。

スタート姿勢は悪くないのに、重心移動もなく膝下だけを前に振り出すもんだから、間合いとなるスペースは必要だわ、高くなる状態を抑えようと頭だけ落としてヘッドダウンだわ、もうえらいことになってる子もいました。


止まって姿勢を作ってごらんというと、できるんです。きれいなスクワットフォームが。

でもそこから動き出せない。トレーニングっぽくに言えばランジができないんですよね。
(まあどっかが出してた障害予防トレーニングのランジも酷いもんでしたが。笑)


そう思うと、上下動しかしないシンプルなスクワット動作ってどういう意味があるんだろうと疑問を感じてしまいます。

膝関節優位とか、Knee-inとかエラーが出やすい運動をトレーニングとして行なわせる必要性はあるのかな??

スクワット動作で明らかになるエラーを修正するためのドリルをさせればいいんじゃね?



なぜスクワットなのか?もうちょっと考えてから発言してみます。



おしまい
© Life is not easy, but life is not so bad. all rights reserved.
Page top
FC2 BLOG
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。