トレーナーとして、研究者として、そして人として。
page top
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
高校スポーツ?アメリカンフットボールの例?
こんばんは、kumaです。

先週末は久しぶりにアメフトコーチだったのでその話を。。


実は今、付属高校のアメリカンフットボール部でコーチをしています。トレーナーではありません。
まさか今年もコーチをするとは思っていませんでしたが、いろんな恩義もあるので今もコーチ登録をしています。

最初に誘われたときは断りました。フットボールと関わりたくなかったから。
でも今では、アメリカンフットボールの面白さをコーチの立場で教えてもらったことを感謝しています。

そして、コーチという立場から高校生の成長を実感できることは、すごい経験にもなりました。2年間で人はこれほどまでに成長できるのかと。。
アメフトコーチを続けるつもりはありませんが、この経験は生きてくるものだと確信しています。



現在東京予選を勝ち抜き、関東大会に向けての練習期

正直言って、もう僕が指導できるレベルを超えています。
はっきり言って強いです。

そういえば、教育実習で「アイシールド21のクリスマスボウルは実在します!!」なんて話もしてました。

今年こそ勝ちたいですね。それだけのチームだと思います。
今後は11月から大会が始まります。結果はまた後日。


いろんな人にとって、懐かしのグランド
PA250007_convert_20081028234256.jpg
スポンサーサイト
page top
ストレス発散?
こんばんは、kumaです。

今日はおなじみ体育の家庭教師。



でも今日はちょっと子どもの様子が違いました。

「うるせ?」「やだぁ?」

ちょっとわがまま、というか怒ってる。。


縄跳びをと親御さんがおっしゃっていましたが、早々に飽きて縄を振り回してました。。
なので、ちょっとかなり予定変更してサッカーと鬼ごっこになりました。ただのおっかけっこ。笑

体育だったので思いっきり走って暴れてくれるのは一向に構わないけれど、最近の子ってそんなにストレスフルなのかな?


そういえば、親御さんがいる時といない時では態度が違うんだよな?
すっごい大人しくなって後ろに隠れてしまう。。

習い事も多いって聞くし、つらいこともあるんだろうね。
なかなか踏み込むことはできないけど、個人単位だからこそ、できることもあるだろうし。。



体育というか運動を一緒にすることで、そのイライラを発散してもらう。

これも僕らの仕事の意義の一つなのかもしれませんね。


日々是精進です。


体育スポーツ家庭教師ファースト
page top
ハイブリッド
こんにちは、kumaです。このくらいのペースで更新できたらと思います。

今日は大学の創立記念日。学校も休講でした。
噂によると付属、係属校も。。笑


で、ここ最近は何してたかというと…


土曜日:
とある高校バスケットの練習見学に行きました。
いきなり評価をさせてもらい、他のトレーナーからのフィードバックもいただけました!僕のレベルでは同じトレーナーからの客観的な意見が本当に勉強になります。

これから定期的に勉強しに行きます!バスケ。。またも異次元のスポーツ。。


日曜日:
とある社会人アメフトリーグ(?草アメフト?)の試合会場サポートに行きました。
一緒に仕事をしたのは、年齢もバックボーンも現状もまったく自分と違うトレーナーさん。共通点は今同じグランドに立っていることだけ。

だから何を話しても刺激になるし、共感するし、議論するし。。


月曜を飛ばして火曜日:
朝からトレーニングに行ったのは大学女子サッカー。
ここでは走りだけ教えています。制約も多く、できることは限られていますが、意外と自由度が高い面もあり、思い切っていろんなことを試しています。
とにかく選手の反応が面白い!自分のしゃべりを試されているようです。笑

来シーズンからはもっと介入したいけど、保障の面がね。。ネックです。。



ちなみにこれは僕の生活の一端です。まだまだ忙しいです、語りだしたらこんなもんじゃないです。

今、自分の大きな課題としては、それぞれのスポーツ、年代で得た経験、知識を他に応用できていないこと。まだそれぞれがぶつ切りで僕の脳という本棚に積み上げられています。
様々な情報をリンクさせ、自分なりの手法、プログラムを作り上げられていない。

そんな風に考えてます。まだまだ未熟者ですね。。

この血がうまく混ざりあったら、まさしく“ハイブリッド”になるんじゃないかな?なんてね。笑
こんな感じで僕はちゃんと生きてます!


ではまた
page top
Vs 恐怖心
毎週土曜日は家庭教師の日です。
体育の授業でできなかった内容をフォローしてほしい。ご要望はまさに家庭教師。


今日は鉄棒を教えてほしいとのこと。鉄棒なんて久しぶりです。笑

とりあえず鉄棒に慣れてもらおうと、まずは鉄棒上での両手支持(前回りの準備段階)
そこからひざ掛け、最後は鉄棒の上に座り、前方へのジャンプにもっていきました。


両手だけで自分の体を支えるって行為が小学生くらいの子どもにはホントに難しいみたい!

高い所に上るということ自体怖いのかな。飛び上がるという感覚がないようだ。
鉄棒の上に座るのも、後ろに落ちるのが怖くて前に前に倒れてしまう。。


ポイントは「恐怖感のコントロール」でした。そう、鉄棒への恐怖感。

体操競技の先生が体操のポイントとして恐怖心のコントロールを挙げてたことを思い出しました。
恐怖心の克服が、壁を破るキーになると。

いかに鉄棒の怖さを排除してあげられるか。指導としてはここですね。


補助をしながら課題を行わせると、すんなりいきました。
最後は「支えなんていらない」とまで言いはなつまでに。笑


少しは鉄棒に慣れてもらえたかな?次回どこまでできるようになってるか楽しみです。
逆上がりはもう少しかかりそうですが。。


体育スポーツ家庭教師ファースト
page top
第一回運動教室報告 『お母さんにストレッチを!』
DSCF0743_convert_20081016231457.jpg

さる10月15日、大学学内の施設をお借りして小学校の父母の方を対象に運動教室(ストレッチ)を実施しました!!

題して、「正しい姿勢を作るためのセルフケア」


今回は僕の研究室の活動である骨密度計側と並行しての実施であったため、随時人が入れ替わりながら30名ほどで約2時間のセッションとなりました。

見ての通り、あまり広くない部屋でお母さん(お姉さん)に囲まれ、タジタジ汗とか


DSCF0767.jpg



実はこれは今回が初めてでは無いんですね。

今までも研究活動の一環として行ってきた計測の裏で簡単な教室を開いており、僕自身も何度かインストラクター役を務めてきました。

僕らの大学の地域では、小中学校の父母の方が定期的に集まり、何かしらの行事で交流を深める機会が設けられているそうで、問い合わせもたびたびあるんですね。



「これは、本格的にやったら面白いんじゃないか!」と言うことで、今回資料作成から練ってみました。

実際、終了後の反響も大きかったようで、定期的に行ってほしいという声もちらほら。。


早速次回は出張型で行うかもです。ちょっと狙い通りに進みそうかも。。

乗り越えるべき課題も多いけど、意外とうまくいくもんかも!



運動教室のお問い合わせは僕のメールアドレスまで!!

DSCF0770.jpg
page top
記念すべき第一回
こんにちは、kumaです。

このブログでは、僕が体育の家庭教師として感じたことを書いていきたいと思います。
どうぞよろしく。



今日が記念すべき第一回

授業(?)場所の公園で顔合わせを行い、自己紹介もそこそこに今後の予定も確認


生徒である子どもはかなり緊張気味。

そりゃそうですよね、見知らぬ二十歳そこそこのお兄さんと1時間も二人っきりなんだから。笑


でもお母さんがいなくなると意外にすぐ話してくるようになりました。

体育で何をやっているのか、どんなことをしたいのか、先生が大学生には見えない(!?)

体育を教えるというよりも一緒に遊んでくれる相手がほしいのかな?なんて感じました。



初回を終わって

僕は大学の専攻分野の関係もあり、多くのスポーツ選手のトレーニングやコンディショニング指導に関わっていますが、子どもはちょっと別格。。

いかに飽きさせないか

本日はこれに尽きました。これは一流アスリートよりも実は難しいかも。。

今後の課題ですね!いかに楽しく“体育”をさせられるか。。


結局、初回は一緒に走り回って、ボール蹴って終わりました。

次回はもう少し体育っぽく、縄とびに着手しようかな。



おしまい

体育スポーツ家庭教師ファースト
© Life is not easy, but life is not so bad. all rights reserved.
Page top
FC2 BLOG
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。