トレーナーとして、研究者として、そして人として。
page top
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
サッカーはカオスである
こんにちは


kumaです

ただいま夏合宿に向けて準備を進めております。


今年は。。。

山中湖、福島裏磐梯、菅平、北海道深川


8月、東京には数えるほどしかおりません。



貧乏暇なし!!爆笑



今日は久しぶりの読書から。。

友人の金ちゃんから紹介してもらった本

テクニックはあるが、サッカーが下手な日本人 日本はどうして世界で勝てないのか?


あまりに面白くて2日で読んでしまいました。笑


要素還元的と呼ばれる、スポーツを要素に分けるという手法。
そして、それではサッカーではないという現実。


それはまさしく僕がサッカーに関わった際にぶつかった壁。
まあその壁のおかげで今の僕の考え方があるわけですが。。


ファンクショナル・トレーニングもこの傾向があるのではないでしょうか??

スクワット重量もRFDも殿筋出力も腹圧もアライメントも



走ってなければ意味がない



スポーツはカオスであり、フラクタルである



なんてね。笑



もう一つ印象的な言葉がありました。
アインシュタインの言葉だそうです。

「問題は、その問題を引き起こした考え方と同じ考え方をしているうちは解けない」

笑っちゃいました。
そっか、だから解決しないんだ。


でもいかにそこに気付かせるか?
自分だけ気づいても、相手に伝えることが出来なければ結論はまた来週ですね。。


「人生は道路のようなものだ。 一番の近道は、たいてい一番悪い道だ。」 by Francis Bacon
 

おしまい

スポンサーサイト
page top
そろそろ仕事もひと段落
こんばんは

ちなみに婿養子ではありませんから名字も変わりません(笑)



kumaです。

僕の全体業務の1/3を占めていた教師的仕事がひと段落し、夏合宿に向けて少しだけ一休みができそうです。

ふひー

どこか遠くに行きたい。アリゾナとか。笑




4月(?)から社会人としてスタートを切り、なんとか夏を迎えるところまで来ました。

お金を稼ぐという事実を肌で感じながら、時には楽しく時には厳しく、僕は日々めちゃくちゃ成長してます。



でも、

分からないこと、解決しないことはそれ以上にあります。


どんなに考えても、どんなに調べても、なぜそれが“常識”なのか分からない。


やりたいことを仕事にしてるんだから、と言われますが最近ますます疑問は深まるばかりです。





俺って必要なのか?トレーナーって仕事は必要なのか?


感謝される、喜ばれる、褒められる、


受け取れば受け取るほど、疑問は深まってしまいます。



なんて言うか、

僕は治して(直して)ない。僕は勝たせてない

治しているのは彼ら自身だし、勝ち取ったのは彼ら自身



だから僕は、

「俺が直した(治した?)」とか、「俺が強くした(勝たせた)」とか

平気で言う連中が信じられない。



僕はただそばにいるだけ

トレーナーってそれでいいのかな?よくわかりません



自分の中に疑問だらけです。だから人にトレーナーを語ることなどできません。

むしろ聞いてしまいます。なぜそんなことしたいの??って。笑




でもその疑問に気づいた今、素直な気持ちで勉強できています。

資格のためとか、人に認めてもらうためとか、選手のためとも少し違う



ただ、自分のために

自分が納得するために




よしっ仕事しよう!



おしまい

© Life is not easy, but life is not so bad. all rights reserved.
Page top
FC2 BLOG
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。