トレーナーとして、研究者として、そして人として。
page top
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
プロフェッショナリズム
こんばんは

研修で缶詰状態です。

Kumaです。



仕事のスケジュールを合わせ、12時間キッチリですが充実してます。

また素敵な再会もありました。



講師は、僕の尊敬するI先生

大学?大学院時代からお世話になった方であり、僕が母校で勝手に恩師と感じている4名の大先生のうちの一人です。

ちなみに残りのお方は、指導教官のお二人(祝辞も頼みました。。)とN先生(これはまたの機会に。。)


I先生から教わったことを今、再確認させてもらってます。

それはもちろんCPRのイロハもありますが、それはごくごく一部。(ワインの飲み方も)

先生からはすごく哲学的な部分を感じていましたが、学生時代はその教わっていたことをうまく表現できませんでした。

その漠然としたモノ、昨日からの研修ではっきりと確認できました。




プロフェッショナルとは何なのか?アマチュアとは何が違うのか?



みなさんはどう思いますか??










ここはI先生の考え。。



“プロには責任がある。聞き手に対して利益を与えなければいけない。そして正当な報酬をもらわなければいけない。”

“ボランティア(これもただ働きという意味ではなく)にももちろん良い面があり、それを否定しているわけではない。だけど、それでは足りないから俺はプロフェッショナルでやるんだ。”



こんなにも当たり前のことなのに、こんなにも理路整然とプレゼンテーションをしてくれた人は初めてでした。


救急処置の授業をとったのが学部1年だったから、かれこれ6年は先生の話を聞いていましたが、学ぶことはまだまだあるようです。

ああなりたい、ああいうことが言える大人になりたい。そう思える人は少ないです。




知ってる人しかわからんけど、この人とちあきんの話を聞くと、人生でいつかはキリマンジャロに行きたいと思うよね。笑




おしまい
スポンサーサイト
page top
お礼
こんにちは

kumaです

先日、無事に式をすませました。
出席してくれた方々、遠くからコメントをくれた方々、皆さま本当にありがとうございました!!
皆さまのおかげで想像をはるかに超える思い出深い式になりました。



二次会の最後のあいさつ、自分でも何言ってるのかよく分かりませんでしたが、理解してくれた人もいてちょっとホッとしました。



見ての通り、仕事を始めたばかりだし経済力をありません。笑

言いたくありませんが、仕事も“普通”じゃ無いと思います。(向こうの両親には当然心配されました)
他の人だったら踏み出さない一歩かもしれません。でも僕はそこを理由にしたくなかった。

仕事を選んだのは僕ですが、それを理由に妻や将来の子どもたちに我慢をさせることにはしたくない。だから式くらいはちょっと見栄を張りました。笑
皆に協力してもらえれば、お金が足りなくても何とかなることを示せた。かな?



同じようにスポーツを取り巻く環境は、良いとはいえません。
だからと言って、苦しそうに辛そうにしていても環境は変わらないし、誰も後ろに続いてこない。

人が増えたってパイを取り合うだけかもしれませんが、心に余裕のある人が増えればアイディアもふくらむはず。
次の世代が目指したいって思える職業にしましょうよ。ため息は幸せを逃がすそうですよ。



今日のフィギュアスケートを見て、同じような感情になりました。

脚色された報道なんかでは分からないつらさがあったんだと思います。でも、あの4回転に対するコメントと最後に見せたガッツポーズ、最後のインタビューだけ見て聞いて、前十字切って直前までオリンピックに出れるかわからなかった選手とは思えませんでした。

タレントの変な叫び声もとんちんかんなインタビュアーも必要なし。昼の生放送は良かったです。



あっそうそう、写真です。


新しいイメージ


おしまい
page top
独身最後の夜
こんばんは

緊張してます

kumaです



表題の件、他意はありません。

今、コンパしているわけではありませんので、安心してください。



結婚の準備は、社会常識を学ぶ良い機会になりました。

スノーボードの彼ではないけれど、ホントにびっくりするくらい、当たり前のことを知りませんでした。

これまで失礼がありましたこと、お詫びします。



厳密に言うと、明日から独身でなくなるわけではありませんが

皆さまに認めてもらうようにガンバリマス


ちなみにマジで挨拶は緊張しますよ




おしまい
page top
あと4日
こんばんは

kumaです。


さて今週末に結婚式を控え、準備に慌ただしくなっております(妻のみ)

私は飯食いながらスーパーボウルを見ていたら怒られました。

あれを見ると、ATCになっていつかスーパーボウルの舞台に!ってちょっと思ってしまいます。



さてさて、よく皆様に心配されております最近のわたくしの近況ですが、

いたって忙しいです。笑
いや、そうでもないかもしれません。


トレーナーで生活している人のスケジュールはなぞに包まれていることが多いですが、今回は僕の生活の一端を紹介しましょう。

僕の週単位のスケジュールは、定期的(週○回)に関わっている2つのチームの帯同と、専門学校・大学の講師で成り立っています。

フルタイムではなく、業務もいわゆるトレーニングコーチに近いところに位置しているため、時間(開始・終了)も決まっており、それから外れることはあまりないです。
もちろん時間外の仕事は山積みですが、結構楽です。

当然、専門学校・大学は講義のある日が決まっているため、学期がはじまれば非常に規則的なスケジュールになります。

それプラス、会社からのイレギュラーな業務と言ったところですね。
業務はスポーツに限らないため、トレーナーを志している学生にしたら、多少イメージとは違う業務かもしれませんが、僕は結構好きです。


平日はチームの帯同する日や学校で授業をする日。そして休日は試合帯同がメイン。
スケジュール的に空白の日程はほとんどありませんが、時給換算したら、かなりいい額になるんでないでしょうか。

意外と時間も作れるため、母校に行ったりもしています。仕事と関係ないことも結構してます。
次の展開は、常に先読みして行動していたいですよね。


今年度はこんな感じでした。
4月からはもっと忙しくなるかもしれません。

決まったら、また報告します。



おしまい
page top
準備
お久しぶりです。

kumaです。

更新、相変わらず怠ってます。見てくれている方々ありがとうございます。



ついに挙式・披露宴・二次会まで一週間を切りました。

最後の追い込みをかけるとともに、実感も徐々に湧いてきました。
来てくれるゲストに少しでも楽しかった・面白かったと思ってもらえるようにガンバリマス!!



さて、今回はそんな準備の話

サポートしているチームは現在シーズン前の準備期です。
陸上は春・冬の目指すレースに向けての鍛錬の時期であり、高校生は試合がありつつも結果ではなくプロセスを重要視する時期になります。

そこでは基礎的なスキル・アビリティに重きがおかれ、より多くの時間が割かれます。
選手たちにとって見れば、つらく退屈な時期ですが、ここでの過ごし方は一年を左右します。

そしてそれはすなわち、僕らコンディショニングコーチの手腕が発揮される時期であり、何よりも楽しい時期なんです!



僕は今年、この『準備』を常に意識していこうと思っています。

それはピリオダイゼーションの作成だけではなく、スキルを身につけるための運動の細分化や、トレーニングの選択順・難易度設定など、考え出すとキリがないです。

でもある程度、すじ道を立てていくと、選手も分かりやすいらしくトレーニングに対する動機づけにもなります。

『なぜ競技トレーニングだけでなく、筋力トレーニングや持久系のランニングが必要なのか?』

選手を教育しようとすると、どうしてもここを納得させなくてはなりません。
「何となく理解はしてるけど。。」では不十分なんです。


どうしても理屈っぽくなりますが、意外と選手は理屈を欲しがっているのかもしれません。


4月からサポートする種目が増えるかもしれませんが、うまくオーバーラップしていけるように構築していきたいですね!



おしまい
© Life is not easy, but life is not so bad. all rights reserved.
Page top
FC2 BLOG
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。