トレーナーとして、研究者として、そして人として。
page top
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
習慣を変える
早朝の東上線でえらい目に会いました。

kumaです。



今年の仕事も大筋で定まり
徐々にパターン化されつつあります。

日々同じ景色だと、すぐに飽きてしまうタチなので
刺激を求めてます。
だから今年はあっちこっちに出没します。


飲み会、復活したいな…



さて最近の思うこと。


『どうきっかけを作りだすか』

悪い習慣なのに、それが日常になってしまったもの。
でも彼らにとっては、それが心地よい状態(場所・行動)

より良い方法も知っているし、そこが変わった後の姿もイメージできる。
でもそのきっかけを作りきれない。
だから納得させられないし、説明しきれない。


チームが負けに向かって進んでいる。
それに気付いているにも関わらず、気づかせてあげられない。



そしてそれは自分にも言える。

ふと気付くと、すっかりサボり癖。すぐ責任転嫁。
これも悪い癖

きっかけを作るために何かを変えなければいけない。




というわけで

もうちょっと自分に負荷かけるようにしてみます。



おしまい

スポンサーサイト
page top
重要なのはシステムではなく、プレー原則だ
kumaです。
ちょっと古い本ですが、『モウリーニョの流儀』を読みました。

戦術的ピリオダイゼーションという言葉をたどって、
何かヒントはないかと手に取ったのがこの本でした。


あんまり中身は面白いものではなかったですが、ちょくちょく気になった言葉が。



サッカーは二つだ「ディテール」と「原則」のレベル

「ディテール」は予測不可・制御負荷。だから考えても仕方がない

システムは変わり得るが、プレー原則は常に変わらない。



てか、こんなこと言ってみたいよね。。


『私は自分が世界一の監督だとは思わない。しかし私以上の監督がいるとも思わない。』





今日仕事中にふと思いましたが、

自分が全くできないこと・やっていないことを教えてはいけないですね。
当たり前のようですが、トレーニングの領域では意外に多い。

ろくに筋トレもしたことない身体で、

ランジがプリベンションだとか、1RMが意味がないとか

やめてくれ




これもプレー原則のレベル

おしまい
page top
学ぶことをやめたら教えることをやめなければいけない
ロジャ・ルメール(元フランス代表監督)の言葉でした。

こんにちは、kumaです。



いい言葉だなぁ?と思いつつ、すっかり誰の言葉か忘れていました。

先日監督さんから言われ、思い出すためにも調べました。


人に何かを伝える仕事をしている人間として、忘れてはいけませんね。




ついでにこちらも


限界には限界がありません。限界の定義は何だと思いますか。

限界は個々の選手の目標で、限界を超えれば次の限界が生まれるのです。




ははっ
明日もガンバリマス



おしまい
page top
おはなみ
今日はオフでした。起きたら10時過ぎ。。笑

たまには休んでもいいでしょう

kumaです。



今日は嫁さんの診察で西早稲田に帯同いたしました。

(この帯同費はどこから出てくるのやら。。笑)


その帰り道

面影橋あたりでサクラを見つけました。

SH370073_convert_20100406212859.jpg

SH370075_convert_20100406213055.jpg


なんだかんだと毎年どこかでお花見してますが、なかなかいいコースでした。


さあ、明日から張り切っていきましょう。



100406_1240_01.jpg
© Life is not easy, but life is not so bad. all rights reserved.
Page top
FC2 BLOG
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。