トレーナーとして、研究者として、そして人として。
page top
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
臨床スポーツ医学会参加報告
こんばんは、kumaです。

先週末は幕張にて臨床スポーツ医学会に参加してまいりました。人生2度目のポスター発表!!


相変わらずド緊張してしまいましたが、なんとか無事終了いたしました。

現場の人が食いつきやすいテーマだったため、色々質問されました。。もちろん議論を深めることはいいことですが。
個人的にはワークショップと障害予防プログラムが興味深かったです。



そして最後の市民講演。これが一番刺激を受けました。目も覚めました。

詳しい題目は忘れましたが、なぜ東京オリンピックなのか、なぜスポーツ省なのか+フェンシングの太田選手と水泳の中村選手なんて構成だったかと思います。


スポーツ省ができると何が変わるのか?
僕は日本でスポーツ(大雑把な言葉ですが。。)が普及することは大賛成です。だけど、スポーツ省ができることでのメリットには今回は納得できませんでした。

結局オリンピックで金メダルを取るための強化費集めなのか?
確かにオリンピックの経済効果は理解できます。オリンピックを目標に子どもがスポーツに夢を持つ。
これもまだわかる。

だけど、そこまでじゃない?
金メダルにお金がかかるように、子どもが安全にスポーツをするためにもお金は必要です。慈善事業ではいつか崩壊すると思います。
トレーナーを保護しろとは言いません。でももっとスポーツのすそ野にもお金をばらまいてもいいんじゃない?そういうことです。



学会の風景を撮ろうとデジカメもっていったのに、撮ることをすっかり忘れてしまっていたので、今日はこの辺で。
スポンサーサイト

コメント

管理人にのみ表示


トラックバック
TB*URL

© Life is not easy, but life is not so bad. all rights reserved.
Page top
FC2 BLOG
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。