トレーナーとして、研究者として、そして人として。
page top
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
カギを握る男
こんばんは、kumaです。

ついに家庭教師の報告書もサボりだしました。まずいです。。



先週末は高校スポーツ2連発でした。

どちらも負けたら終わりトーナメント終盤、緊張感の高いゲーム。二つとも勝てたことにホッと一安心とともに、見ていて気付くことも多かったです。

点差の開かない緊迫したゲーム展開
ここ一番でボールを触る選手。大事な場面で勝負できる選手。

これはチームに何人もいないものです。

土曜日のアメフトでは、ウチにはその選手がいて相手にはいなかった。その差があの点差なのかな。
日曜日のバスケでもそれを実感できました。本当に強い選手は自分で決めに行く。



この強さを、今度は格上相手に背伸びしてできるか。。
アップセットが起きないと言われるこの二つの競技でアップセットを起こすことは簡単ではないでしょう。だからこそ価値も高い。

修論もやばいけど、あと一か月ちょい。がんばります、いいゲームを見るために!笑



最後に


この言葉は受け売りです。

「パフォーマンスを100%開放できているか、安売りしていないか」

80%で十分な局面で100%出せるのは当たり前。本当の勝負は100%でなければダメな局面で100%できるかどうか。

そこで100%が出せる選手にすることが、コンディショニングコーチの役割なんだと。。


おしまい
スポンサーサイト

コメント

管理人にのみ表示


トラックバック
TB*URL

© Life is not easy, but life is not so bad. all rights reserved.
Page top
FC2 BLOG
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。