トレーナーとして、研究者として、そして人として。
page top
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
学生生活最後の夜に
こんばんは、kumaです。仰々しいタイトルつけてみました。笑

本日は453教室(と言って理解できる人は限られますが。。)から更新したいと思います。



明日早朝からのお仕事のため、今日は久しぶりに研究室に泊りこんでいます。

そして、おそらくこれが最後の所沢キャンパスお泊まりとなるでしょう。。



ちょっと感傷的な気分になってみたいと思います。。




僕も早稲田に入って6年がたちました。小学校も卒業です。

でもこの6年は僕の人生にとって重要な6年だったと思います。
(もちろんこれからもっともっと濃密に過ごしたいですが)


大学時代の競技者経験はアメリカンフットボールと出会えたことだけでなく、僕の理念や哲学の基礎となる出来事にも出会えました。
今は学院アメフトに出会えたことにも感謝しています。最後の最後に早稲田のアメフト自体に感謝できる気持ちにもなりました。


もちろん、大学時代は自分が勉強していないこと周りの同期から遅れているように感じたことは常にあり、悩むことなんて何度も何度もありました。(ゼミで赤点を取るたびに。笑)

でも今現在、僕は自信を持ってあの時の経験は今にいきていると言えます。
それは競技者の気持ちがわかるなんて上っ面のメリットだけでなく。。

一つの理由としてはGoalを、回答を設定できたことですね。
「なぜ、君はトレーナーなのか?」という問いに対して。。それを人に語るほどまだ偉くはなってませんが。笑

僕が実は相当気にしていた、“あいつは選手上がりだから”なんて言葉を鼻で笑えるくらいにもなりました。
⇒というよりもスポーツに関わる人で選手上がりでない人なんているのか?笑



もう僕を選手上がりのトレーナー志望なんていう人はいないでしょう。




あっいた。笑

まあ細かいことはどうでもいいや♪これだけで僕の6年は認められてような気になれます。




先日、久しぶりに同期に会いました。

「お前も人の話を聞けるようになったな」ってね。笑

そうかもしれません。自分が認められ(た気持ちになって)、やっと人を受け入れられた。



そして今日、また新たな世界が自分の眼前に開けてきました。

壁も多いですが、やるしかないでしょう!この数か月、もうだいぶプレッシャーは乗り越えました。



皆様、

近況はぜひ会って話したいです。まだまだ文章にするにはまとまっていないので。。

ぜひご飯でも!
…おごってください!!




おしまい
スポンサーサイト

コメント

管理人にのみ表示


トラックバック
TB*URL

© Life is not easy, but life is not so bad. all rights reserved.
Page top
FC2 BLOG
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。