トレーナーとして、研究者として、そして人として。
page top
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
久しぶりにラグビーの話題
こんにちは、kumaです。

先週は忙しすぎて倒れかけました。。睡眠が足りなくてもやってける人がうらやましいですわ。



今回は最近のニュースから。。

〈ラグビー〉新ルール3項目の採用見送りへ


これは噂に聞いていましたが、とんでもないニュースですよ!
野球の15秒ルールなんて皆があっという間に忘れてしまった(どうでもいい)ルール改正とはケタが違います。笑


『モールを崩してもいい』 というトンデモナイルールが施行されたのが昨年度シーズン。。
スピード・展開ラグビーとなりラグビーが面白くなる!などと言われました。

結果、確かにモールは減り(モールが10m以上動いたのを見たのはほとんどありませんでした。。)
FWが積極的にライン参加する展開ラグビーは面白かったかもしれません。

ですがこの新ルール、非常に危険なプレーを生んでしまうのです。


そもそもモールとは、
密集においてスクラムのような形でボールを前進させることができる手段であり、体の大きな選手(FW前列)の能力(体重や筋力)をフルに発揮できるプレーでした。

新ルールによって回数自体は減ったようですが、ラグビーにコンタクトがある以上絶対に発生するプレーなんです。

  ※厳密な話をするとスクラムとは全く違うものですが、イメージしてもらうためにこのような説明の仕方をしました。


そんな100キロを超えるような大男たちが密集した空間で、

『腰より頭を低くして(寝っ転がりながら)』
『相手が頭部から落ちるように引き倒す』

ことが許されたんです。

こんなことが許されたら、頭頚部外傷が絶対起きますよ!
しかも高校生にまで適応したもんだから、危ないったらありゃしない!


少なくとも僕はモールに参加したくありません。。



アメリカンフットボールでは大昔ルール改正によって外傷発生件数が下がったことがありました。

皮肉なもんですね。ルール一つでこんなにも安全性が変わってしまうのも。


スポーツとしての面白さも重要ですが、安全性は大前提にしてもらいたいです。


おしまい
スポンサーサイト

コメント

管理人にのみ表示

フェンシングは今春から首が有効面になりました。ありえないっす!
ちょっと前に練習中に首に剣が刺さりましたからね~
応急処置の知識ある人が俺しかいないような世界なのに...
また死者が出ないことを祈るのみです。

あ、たまには息抜きに454来てください(笑)
kei | URL | 2009/05/15/Fri 01:54 [EDIT]
>keiくん

初めてですか?コメント残してくれたのは。

まずはその知識を選手やスタッフに共有してもらうところからですね。

でもあれは騎士道だからちょっと違うのかな?武道ってスポーツとは違うし。


454は当分行くことはないでしょう。笑
くーま | URL | 2009/05/17/Sun 01:24 [EDIT]

トラックバック
TB*URL

© Life is not easy, but life is not so bad. all rights reserved.
Page top
FC2 BLOG
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。