トレーナーとして、研究者として、そして人として。
page top
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
身体感覚
こんばんは、kumaです。

ブログ見てますよ?と言われるとやや緊張ですね。笑



さて、最近不定期でランニングを教わっている先生(まさに教員なんですが。。笑)が先日面白いことを言ってました。


『お前、ドローインって知ってるか?あのイメージが走りの感覚にぴったりなんだよ。』
『あれ、だれが言い出したんだ?』




笑。

自分の走りの感覚・コーチングの感覚を言葉で表現しようと思っていたら、書店でぴったりの本を見つけたんだって。それが最近流行のドローイン。笑
僕らからしてみたら、この人はドローインのことを言ってるんだろうな?と思っていたので、この一言には笑ってしまいました。

でも自身の感覚からドローインへと導いているから、理論はあいまいだけど人に教えるときは伝わってきます。
超音波あてながら腹横筋の単独収縮をフィードバックする必要もないし、仰向けで股関節屈曲位から始める必要もなし。


頭でっかちに理論ばかり考えがちですが、実際に動かしてみることでの新たな発見もあるんでしょうね。
現場で働く以上、ここは磨きたい部分ですね。

現場がはたして非科学なのか?科学は現場の裏付けではないのか?



で、ドローインって誰が言い出したの??




おしまい
スポンサーサイト

コメント

管理人にのみ表示


トラックバック
TB*URL

© Life is not easy, but life is not so bad. all rights reserved.
Page top
FC2 BLOG
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。