トレーナーとして、研究者として、そして人として。
page top
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
重要なのはシステムではなく、プレー原則だ
kumaです。
ちょっと古い本ですが、『モウリーニョの流儀』を読みました。

戦術的ピリオダイゼーションという言葉をたどって、
何かヒントはないかと手に取ったのがこの本でした。


あんまり中身は面白いものではなかったですが、ちょくちょく気になった言葉が。



サッカーは二つだ「ディテール」と「原則」のレベル

「ディテール」は予測不可・制御負荷。だから考えても仕方がない

システムは変わり得るが、プレー原則は常に変わらない。



てか、こんなこと言ってみたいよね。。


『私は自分が世界一の監督だとは思わない。しかし私以上の監督がいるとも思わない。』





今日仕事中にふと思いましたが、

自分が全くできないこと・やっていないことを教えてはいけないですね。
当たり前のようですが、トレーニングの領域では意外に多い。

ろくに筋トレもしたことない身体で、

ランジがプリベンションだとか、1RMが意味がないとか

やめてくれ




これもプレー原則のレベル

おしまい
スポンサーサイト

コメント

管理人にのみ表示


トラックバック
TB*URL

© Life is not easy, but life is not so bad. all rights reserved.
Page top
FC2 BLOG
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。